ブルーライトは視力低下の原因

記事一覧

DSのブルーライトは視力低下の原因?

DSから出ているブルーライトって何?

パソコンやDSなどの機器からはブルーライトが出ていると言われています。
ブルーライトって何かというと波長が380~500ナノメートルの青色の光のことです。
 

眼に見える光の中ではもっとも波長が短く強いエネルギーを持っています。
ブルーライトは網膜の奥まで到達します。

 

ブルーライトは眼に大きな負担を掛けるため視力低下の要因とも言われています。
 

DSにはブルーライト保護フィルムを貼るべき

DSからはブルーライトが出ており眼には良くないということがわかりました。
しかしながら子供達には「眼によくないのでゲームをするな」というわけにはなかなかいきません。
 

ゲームをする時間を短くしても眼には負担が掛かります。

 

ブルーライトには対策があって保護フィルムというものがあります。
保護フィルムを貼ることで眼に掛かる負担もやわらげることができるということになります。
 

それでも視力が低下したら対策はこれ

しかしながら保護フィルムを貼っても眼への負担はなくならないので絶対に視力が低下しないとは言い切れません。
眼への負担は減らしてもゼロではないからです。

 

眼への負担をゼロにするにはゲームをやらない以外にありません。
ゲームをやっている以上、視力検査で視力が低下したということがありえます。
 

視力が低下して学校の視力検査でC判定という結果が出てしまうと眼科に行くように言われます。
少しぐらいの視力の低下なら眼を細めることで見えたりします。
 

しかし、眼を細めて見る癖がつくとさらに眼に負担が掛かるので視力の低下が進みます。
そして眼科に行くと「眼鏡」を勧められます。
 

やっぱり親としては眼鏡を掛けさせたくありません。
でも眼科医は「眼鏡」といいます。
 

あきらめないで下さい。
子供の視力は回復する可能性があります。
 

それはこちらの視力回復トレーニングをすることです。
 

>>子供の視力を回復させる方法はこちら<<

運営者情報

サイト名 子供の視力低下!原因はスマホやDSのゲームのやりすぎ。回復は?
URL http://xn--n9jo6rqg5ev37pu3btr79s1mydl0j.jp/
問い合わせ こちらから

 

当サイトに訪問頂きありがとうございます。
当サイトでは、ゲームで目が悪くなり回復したという情報を公開していますが、視力の回復には個人差があります。

 

必ずしも同じ結果がでないこともありますのでご認識下さい。
やはり視力は低下する前になんとかしないといけません。

  • テレビは長時間見ない
  • 勉強や読書の際の姿勢は正しく
  • ゲームも極力控える

 

こういったことに注意をして目を酷使をしないことが重要です。