人気のゲームの太鼓の達人

「太鼓の達人」と言えば人気のゲームのひとつです。
バンダイのゲームでゲームセンターに行けばできます。
 

画面に沿って太鼓を叩いていくというものでゲーム機だけではなく太鼓とバチもセットになっています。
熱中している人は、マイバチも持っていて高い人気を誇っています。
 

太鼓の達人は、ゲームセンターでするには100円を入れてやらないといけないため子供であれば親といっしょでないとできません。
しかし、太鼓の達人はゲームセンターだけでなく3dsで行うこともできるアプリも発売されています。
 
ゲームセンターなら親の許可がないとできなくても3dsなら買ってもらえればいつでも行うことができます。
 

毎日の太鼓の達人をしてしまう

「太鼓の達人」は面白いです。
面白いので、3dsを買ってしまうと毎日してしまいます。
 

お金が必要なゲームセンターの機械とは違い何の制限もないので何かの制限がないと延々とやり続けるのが子供です。
そうなるとどうなるかというと「視力が低下」します。
 

視力が低下する速度というのはかなり早いです。
前回の視力検査では、1.0あったものがあっという間に0.4、0.5という視力になります。
 

視力が下がる前に何とか手を打たないといけないのですが、全く太鼓の達人をやめさせるわけにはいきません。
周りの子供達がゲームをやっていたのに自分のところはさせないとなるといじめにあうかもしれません。
 

そうなるとできるのは、「時間制限」です。
一日に15分とか30分という時間です。
 
ゲームをするということは眼に負担が掛かるので時間制限をしても目が悪くなる可能性はあります。
 

太鼓の達人で下がった視力は回復しない?

太鼓の達人をやり過ぎて視力が低下すると学校の視力検査でC判定とかD判定の結果になります。
子供は太鼓の達人に夢中なので眼が悪くなったということはいいません。
 

視力検査の結果を見て驚くのは、親です。
視力検査の結果に従い眼科に行くと言われるのは、「メガネを掛ける」です。
 

親としては、小さいうちから眼鏡は掛けさせたくないものです。
でも医師に言われたら仕方がないと思うかもしれません。
 

実は、太鼓の達人で落ちた視力を回復させる方法はあるのです。
 

>>子供の視力を回復させる方法はこちら<<